EN
お問い合わせ
 
ニュース AICAについて 声明 イベント 会報 会員情報 リンク

A  C  D  E  F  H  I  K  M  N  O  S  T  U  W  Y  物故会員

青木正弘 AOKI Masahiro
略歴:
 1947年 岐阜県生まれ
 1971年 京都市立芸術大学美術学部彫刻科卒業
 1972−84年、91−92年 岐阜県立高等学校美術教師
 1984−91年 岐阜県美術館学芸員
 1992−95年 豊田市美術館開設準備室学芸員、主に美術館建築、作品収集に携わる
 1995−07年 豊田市美術館学芸員、主に作品収集、展覧会企画に携わる
 2007−08年 豊田市美術館副館長
 2008年 豊田市美術館を定年退職


専門領域:
 実践博物館学、現代美術、現代工芸


主な著書、インタビュー、ダイアローグ:
・ トニー・クラッグ インタビュー(1997年、「トニー・クラッグ」展覧会カタログ 豊田市美術館)
・ 芭蕉とペノーネ―構造を掴む力(1997年、「ジュゼッペ・ペノーネ―石の血管」展覧会カタログ ボン美術館、豊田市美術館)
・ 川俣正 ダイアローグ(1999年、「川俣正 ワーク・イン・プログレス:プロジェクト イン トヨタシティ/プロポーザル」展覧会カタログ 豊田市
  美術館)
・ 野村仁 インタビュー「太陽とのつきあい方・自然との向き合い方」(2000年、「野村仁—生命の起源:宇宙・太陽・DNA」展覧会カタログ 水芸術館)、(2001年、「野村仁|移行/反照」展覧会カタログ 豊田市美術館)
・ 若林奮 インタビュー(2002年、「若林奮」展覧会カタログ 豊田市美術館)
・ 芸術/葛藤の現場(2002年、岩城見一編 晃洋書房)
・ ミューゼオロジー 実践編/ミュージアムの世界へ(2003年、岡部あおみ監修 武蔵野美術大学出版局)
・ 人間国宝 黒田辰秋(2006年、「週刊朝日百科」朝日新聞)
・「黒田辰秋ーその人と造形」、「黒田辰秋の螺鈿」(2011年、「黒田辰秋」展覧会カタログ Lackkunst・漆美術館(ドイツ、ミュンスター)
・ 「異能、異質な二人の鉄おとこ」(2012年、「鉄と人 鈴木久雄・多和圭三展」展覧会カタログ 中原悌二郎記念旭川市彫刻美術館ステーションギャラリー
・ 「黒田辰秋の世界―目利きと匠の邂逅」(2014年、執筆、監修 株式会社世界文化社)
・ 第26回 高松宮殿下記念世界文化賞/彫刻部門受賞記念特別対談「ジュゼッペ・ペノーネ、その造形志向を解く」(2014年、ジュゼッペ・ ペノーネと対談 イタリア文化会館、東京)


主な展覧会企画:
・ 土と炎展―新たな展開と可能性(1987年、岐阜県美術館)
・ 李禹煥展―感性と論理の軌跡(1988年、岐阜県美術館)
・ 20世紀イタリア具象彫刻展―創造のダイナミズム(1988年、岐阜県美術館他4館巡回)
・ 現代美術〈日本の心〉展(1991年、岐阜県美術館)
・ ASIANA―もの派展(1995年、ヴェニス)
・ トニー・クラッグ展(1997年、豊田市美術館)
・ 黒田辰秋展(2000年、豊田市美術館)
・ 宥密法(2003年、豊田市美術館)
・ イン・ベッド[生命の美術](2004年、豊田市美術館)
・ 宇宙御絵図(2007年、豊田市美術館)
・ 黒田辰秋とその弟子達(2008年、吉井画廊/東京)
・ 黒田辰秋展 (2011−12年、Lackkunst・漆美術館 ドイツ、ミュンスター)
・ 黒田辰秋の世界―目利きと匠の邂逅(展示監修 2014年、そごう美術館、北海道立旭川美術館)
・ 横浜トリエンナーレ2014―華氏451の芸術:世界の中心には忘却の海がある 第11話 忘却の海に漂う(松澤宥:展示監修 2014年、横浜美術館、新港ピア) 
・ FLOW「水は何をつなぎ、何処へ行くのか」展 (実行委員長 2014年、京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA)
・ MILANO万博 もの派展(企画、執筆 2015年、Foundation Mudima、ミラノ)


連絡先:
住所:〒501-1171 岐阜市御望38-3
Tel/Fax: 058-239-8401 
Mobile: 090-1411-3287
e-mail: sao-pai@tune.ocn.ne.jp